YAGレーザー脱毛
一般的に日本で使われている医療レーザー脱毛は、
「アレキサンドライトレーザー」「ダイオードレーザー」「YAGレーザー」
の3種類あります。

今回は最近少しずつ使われ始めてきた
YAGレーザー(ヤグレーザー)脱毛について紹介していきます。

果たしてYAGレーザーは本当に効果があるのか?
VIO脱毛やヒゲ脱毛におすすめって本当?
痛みが強すぎるの?産毛に効果はあるの?
など気になる人も多いはずです。

このページを見るとそうしたYAGレーザーについての疑問を解決できます。
医療脱毛をするならYAGレーザーについて理解しておいた方が良いので、
是非参考にして下さい。

YAGレーザー脱毛の特徴って何?

YAGレーザー脱毛の特徴
YAGレーザーは3種類ある医療レーザー脱毛の中で、
波長が1064mmと最も長いのが特徴です。

波長が長いと皮膚への深達度が深くなるため、
根深い位置まで生えているヒゲやVIOに高い効果を発揮します。

また、波長の深達度が深い分、メラニン色素への反応が鈍く、
色黒肌でも照射できる特徴があります。
(波長が短い方がメラニン色素への反応が高い)

他の医療レーザー脱毛との違い

レーザー脱毛の種類

特徴 ダイオードレーザー アレキサンドライトレーザー YAGレーザー
波長 800nm / 810nm 755nm 1,064nm
パルス幅(機種により異なる) 5-400ms 5.10.20ms 0.1-300ms
効果 高い 物凄く高い 高い
産毛の効果 高い 弱い 普通
痛み 弱い(蓄熱式に限る) 痛い 物凄く痛い
美肌効果 なし あり あり
使い方の特徴 毛質・肌質関係なく脱毛出来る 剛毛に効果が高い ヒゲやVIOに使うケースが多い

YAGレーザーは、3種類の医療レーザー脱毛の中で
導入しているクリニックの少ないのが現状です。

ヒゲやVIOにはおすすめでも、
他の2種類のレーザーと比べ癖が強いため、
使いにくいというデメリットもあります。

しかし、今は様々な波長を持つレーザー脱毛機も多くなり、
用途やその人に追わせてYAGレーザーを使うケースが増えてきました。

YAGレーザーを搭載している医療レーザー脱毛機

ソプラノをおすすめの人

  • ジェントルYAG
  • ソプラノアイスプラチナム
  • ロングパルスYAGレーザー
  • G-MAX
  • エリート
  • ジェントルマックスプロ

ジェントルYAGとロングパルスYAGレーザーは
YAGレーザーだけの波長ですが、
その他の脱毛機は、様々な波長を持ち合わせた脱毛機です。

YAGレーザーだけだと中には脱毛できない人もいるので、
複数台導入しているクリニックか、複数の波長を持つ脱毛機を導入している
クリニックを選ぶと良いでしょう。

YAGレーザー脱毛のメリット

メリット

3種類の医療レーザー脱毛がある中で、
どのようなメリットがあるのか紹介していきます。
(実際には他にも種類がある)

VIO脱毛やヒゲ脱毛の効果が高い

VIOやヒゲのように毛根が深く、お肌の色素が濃い部位への脱毛効果が高く、
少ない回数で脱毛を終わらせる事が可能です。

他のレーザー脱毛だとVIOやヒゲの全ての毛を処理しきれなかったり、
色素が濃くて照射できない可能性もあるため
VIOやヒゲの脱毛にはYAGレーザーはおすすめです。

産毛の効果もそこそこ高い

種類 ダイオードレーザー YAGレーザー アレキサンドライトレーザー
産毛の効果 高い 普通 弱い

YAGレーザーはダイオードレーザーに比べ産毛への効果は高くありませんが、
アレキサンドライトレーザーよりは高くなります。

決して物凄く高いわけではありませんが、
十分に産毛を処理できるくらいの効果はあります。

日焼け肌や色黒にも照射できる

YAGレーザーは波長が深いため、
黒いメラニン色素への反応が弱く、
日焼けした肌や色黒のお肌にも問題なく照射出来ます。

ただし、日焼けが酷い場合は医師によっては照射できない可能性があるので、
脱毛期間中は出来るだけUVカットした方が無難です。

どんなにメラニン色素への反応が悪くても
日焼けし過ぎは良くはありません。

美肌効果も期待できる

YAGレーザーは本来脱毛ではなく、
シミや色素沈着、ニキビ跡、毛穴の改善などの
肌トラブルの改善に使われていたレーザーです。

というのもYAGレーザーはお肌の奥までレーザーが届くため
コラーゲンを刺激する事でお肌のターンオーバーの活性化に繋がり、
古い角質を剥がし新しいお肌に生まれ変わらせる効果があります。

ですから、脱毛していくとお肌がツルツルになると感じる人もいます。

しかし、脱毛と美肌のパルス幅の設定が違うため、
美肌効果はあくまでも副次的な効果と思って下さい。

硬毛化のリスクが低い

稀に産毛を脱毛すると毛が濃く太くなる硬毛化という現象が起こることがあります。

何故そうなるか医学的にきちんと解明されているわけではありませんが、
おそらく何かしらの理由でレーザーのパワーが弱まり、
中途半端に毛根を刺激する事で毛細細胞が活性化してしまう事だと言われております。

しかし、YAGレーザーは産毛や剛毛にピンポイントに届く光の波長なので、
レーザーのパワーが弱まる事はありません。
また、YAGレーザーは深達度が深いため他のレーザーよりも元々出力が高いのです。

もちろん、例え硬毛化しても脱毛回数を増やす事で症状は改善されます。
恒久的に硬毛化になるわけではありません。

YAGレーザー脱毛のデメリット

デメリット
YAGレーザー脱毛にはメリットは沢山ありますが、
癖が強いためデメリットもあります。

痛みが強い

YAGレーザー脱毛の最大のデメリットは痛みが強い事です。
特にYAGレーザ脱毛は痛みを強く感じるヒゲやVIOに使う事が多いため
余計に痛く感じます。
人によっては痛くて我慢できない痛みです。

もちろん、YAGレーザー脱毛をする際は、
麻酔クリームや笑気麻酔を使いますが、
それでも無理な人もいます。

YAGレーザーは波長が長いため、
高い出力でないと効果が出ないので、
痛みがあるのは仕方ありません。

全身脱毛や広範囲の脱毛には不向き

YAGレーザー脱毛は他のレーザー脱毛機に比べ
ヘッドサイズが小さいため照射面積が狭く、
全身脱毛や広範囲への脱毛には向きません。

広範囲の脱毛になると脱毛回数が増えるので、
料金が高くなり、お肌へのダメージが強く、
大きなリスクが伴います。

YAGレーザーを利用するには部分的に狭い範囲を脱毛するのがベストです。

導入しているクリニックが少ない

日本ではアレキサンドライトレーザーやダイオードレーザーが主流のため
YAGレーザーを導入しているクリニックが少なく利用できないケースが多いと思います。

また、どの種類のレーザーを使うかは、毛質や肌質、部位などを考慮して
クリニック側が決めるので、痛みのリスクがあるYAGレーザーを使わないクリニックもあります。

どうしてもYAGレーザー脱毛をしたい理由があるなら、
YAGレーザー脱毛を推奨しているクリニックを選んで下さい。

YAGレーザー脱毛を導入しているおすすめクリニック

YAGレーザー脱毛を導入しているおすすめのクリニックを紹介します。

リゼクリニック

リゼクリニック
リゼクリニックは、YAGレーザーはもちろん、
ショット式のダイオードレーザーと蓄熱式のダイオードレーザーも導入しており、
タイプによって脱毛機を使い分けられるメリットがあります。

そのため、最適な脱毛機を選べるので少ない回数で脱毛を終わらせられるメリットもあります。
回数が少なければ別途料金がかからず安い料金で脱毛を終わらせられます。

アイエスクリニック

アイエスクリニックは、
YAGレーザーの波長を持つジェントルマックスプロを導入しております。
このジェントルマックスプロは剛毛へ効果が高い
アレキサンドライトレーザーも照射出来る事で
どの部位でも綺麗に永久脱毛できる機種です。

また、痛みが少ないダイオードレーザーの蓄熱式の脱毛機も導入しており、
痛みに敏感な人でも脱毛出来ます。

しかもアイエスクリニックは顔とVIOを除く全身脱毛が
何と格安の115,000円で出来てしまいます。

出来るだけ安く綺麗に全身脱毛したい人は、
アイエスクリニックはかなりおすすめです。

YAGレーザー脱毛におすすめの人

YAGレーザー脱毛におすすめの人

  • 少ない回数でVIO脱毛やヒゲ脱毛を終わらせたい人
  • お肌が黒い人
  • 他のレーザー脱毛では全ての毛を処理できなかった人
  • 美肌効果を期待したい人

YAGレーザー脱毛は基本VIOやヒゲを脱毛したい人に向いています。
特に他のレーザーでは脱毛しきれず永久脱毛出来なかった人は、
YAGレーザー脱毛なら綺麗に脱毛する事が可能です。

YAGレーザー脱毛をおすすめ出来ない人

YAGレーザー脱毛をおすすめ出来ない人

  • 痛みに敏感な人
  • 全身や広範囲脱毛したい人

YAGレーザー脱毛をおすすめ出来ない人は至ってシンプルで、
痛みに敏感な人か広範囲脱毛したい人です。

それらの人はダイオードレーザーか
アレキサンドライトレーザーを導入しているクリニックをお選び下さい。

あくまでもYAGレーザー脱毛はメインで使うというよりも
他のレーザー脱毛では処理しきれなかった人に向けてです。