脱毛後の打ち漏れ
脱毛すると部分的に毛が生えていたり、
思うように毛が薄くならなかったりする事があります。
その原因のほとんどが打ち漏れです。

脱毛する施術者も人間なので、
打ち漏れをしてしまう事が稀にあります。

狭い範囲だけなら問題ありませんが、
全身脱毛する場合は、照射範囲が広く脱毛する時間も長いため、
打ち漏れが起きてしまう可能性も高まります。

そこで、このページではどのように打ち漏れと判断するのか?
打ち漏れが起きた場合どのように対処するのかなどを紹介していきます。

今現在脱毛している人もこれから脱毛する人も
覚えておいて損がない知識です。
是非参考にして下さい。

脱毛の打ち漏れの確認方法と基礎知識

打ち漏れの確認方法
脱毛後の打ち漏れと判断するのは難しいとこです。
単純に脱毛回数が少なくて効果を感じられないのか、
それとも照射したけど、たまたま効果がなかっただけなのか
色々悩むところです。

まずはどのようなケースが打ち漏れの可能性が高いのか紹介していきます。

脱毛後2週間前後経っても毛が抜けない部分がある

脱毛サロンや家庭用脱毛器は違いますが、
医療レーザー脱毛なら、脱毛後2週間前後で生えている毛がポロポロ抜けるようになります。
早い人なら1週間以内で毛が抜け落ちます。

もし、脱毛して全然毛が抜け落ちない部分があれば
打ち漏れの可能性があると疑って良いでしょう。

しかし、医療レーザー脱毛といっても使う機種によっては
効果を感じるのに回数が必要な場合もありますし、
部位によっても効果が異なるため毛が抜けないからと言って
一概に打ち漏れと判断できません。

より打ち漏れを疑えるのは、例えば腕の脱毛をして全体的に毛が抜けても
一部分だけ毛が抜けないケースです。

逆に腕を脱毛してその腕全体の毛が抜けないのであれば、
それは打ち漏れではなく、脱毛回数が少ないのでまだ効果が出ていない事です。

あくまでも脱毛した部位で部分的に毛が抜けなれば打ち漏れという事です。

レーザーの種類によっても効果の感じ方は異なる

一概に医療レーザー脱毛と言っても3種類あり、
効果も特徴も異なります。

使うレーザーの種類によっては脱毛始めの頃は効果を感じにくい事もあります。

しかし、効果の感じ方は個人差があるので、
一緒くたに出来ないという事も理解して下さい。

レーザー毎の効果を感じるまでの期間

アレキサンドライトレーザー ダイオードレーザー YAGレーザー
5日以内 少し抜け始める あまり感じないケースも多い 少し抜け始める
10日内 沢山毛が抜ける 少し抜け始める 沢山毛が抜ける
14日前後 沢山毛が抜ける 沢山毛が抜ける 沢山毛が抜ける

レーザー毎の効果を感じるまでの回数

アレキサンドライトレーザー ダイオードレーザー YAGレーザー
効果を感じるまでの回数 1~2回 2~3回 1~2回

脱毛回数に関しては、一概に判断できない側面があります。

例えば、ダイオードレーザーはショット式と蓄熱式があり、
ショット式は少ない回数で毛が抜け落ちて効果を感じますが、
蓄熱式は効果を感じるのに回数が必要です。

しかし、回数を増やして毛が薄くなればより高い効果を感じるようになります。

同じダイオードレーザーでも機種や脱毛法によって異なると理解して下さい。

またダイオードレーザーは照射口が四角く隙間が出来にくいため
照射漏れが少ないも特徴です。

ダイオードレーザーは効果感じるのに回数が必要だからダメなわけではありません。
毛質によっては最終的な脱毛回数は他のレーザーと変わらなく、
より綺麗に脱毛する事も可能です。

部位によっては中々毛が抜けない

効果の感じ方は部位によって異なります。

効果の感じにくい部位はVIOやヒゲ、産毛が多い顔や背中などです。

VIOやヒゲは元々毛量が多いため少し毛が抜けがくらいでは、
ほとんど気にならず効果がないと感じてしまいます。

また、産毛は毛の色素が薄いため、レーザーの光が反応しにくく、
効果を感じるまで回数が必要です。

このような部位の毛が抜けなかったとしてもそれは打ち漏れではなく、
回数の問題です。

ただ、医療レーザー脱毛なら3回脱毛すれば、何かしら効果を感じるはずなので、
それでも効果を感じなければ次回は出力を高めて照射してもらって下さい。

特にVIOは敏感な部位なので痛みを抑えるために出力を下げて照射します。
高い出力で照射すれば当然効果を感じやすくなります。

1回の脱毛で抜ける毛は約2~3割

毛周期

脱毛後に毛が抜けてまたすぐに生えたとしてもそれは打ち漏れではありません。

脱毛はお肌の表面に出ている毛もしくは毛穴(毛包内)にある毛である
いわゆる成長期の毛しか処理する事は出来ないのです。

成長期の毛は体内にある毛の2~3割程度で、
1回の脱毛で体内にある全ての毛を脱毛する事は出来ません。

また、部位や使っているレーザー脱毛機によっては
成長期の毛を全て脱毛できないケースもあります。

ですので、脱毛後毛が抜けてすぐに生えてきても打ち漏れではなく、
脱毛回数が少ないからです。

抜け落ちる毛の量は個人差はありますが、
毛が抜ければしっかりと脱毛出来ていると判断しても良いでしょう。

脱毛サロンでは打ち漏れがわかりにく

医療レーザー脱毛は出力が高いため、1回の脱毛でも打ち漏れがわかりやすいのですが、
脱毛サロンの場合かなりの回数を脱毛しないと毛が抜けるという効果を感じにくいです。

また、仮に打ち漏れがあったとしても一回の脱毛で処理できる毛の量が少なく、
打ち漏れなのが効果が弱くて毛が抜けないのか判断は難しいと思います。

よっぽど不自然に毛が残れば別ですが、判断が難しい場合、
サロンに相談して下さい。

ここで紹介していたのはあくまでも医療脱毛に関してで、
脱毛サロンでは打ち漏れの概念は曖昧です。

脱毛サロンで効果を感じるまでの回数

IPL脱毛 SHR脱毛 ハイパースキン脱毛 SSC脱毛
効果を感じるまでの回数 3~5回 5~7回 5~7回 4~6回

脱毛サロンで使われる光は4種類あり、
それぞれ効果を感じる回数は異なります。

ただ、何度も言うように効果の感じ方は人それぞれで部位によって異なります。
この回数脱毛すれば絶対に毛が抜けるような効果を感じると保証する物ではありません。

ですが、一つの目安にはなりますから、
このくらいの回数脱毛して毛が抜けなれば打ち漏れの可能性もあると理解して下さい。

各クリニックの打ち漏れの対応

打ち漏れのクリニックの対応

クリニック 期間 補足
リゼクリニック 前回の脱毛から4週間以内 無料対応
アリシアクリニック 前回の脱毛から2~3週間以内 無料対応
レジーナクリニック 前回の脱毛から2週間以内
(期間は曖昧)
期間は多少過ぎても無料で再照射してくれる
GLOWクリニック 細かな期間設定はない 無料対応
フレイアクリニック 細かな期間設定はない 無料対応

そのクリニックによって対応は若干異なりますが、
脱毛後2~3週間以内なら無料で再照射してくれます。

多少期間が過ぎても対応してくれるクリニックもあります。

また、打ち漏れだと気づいたら必ず電話して下さい。
次回の脱毛の時に伝えても再照射してくれない可能性もあります。

言うのは無料なので、打ち漏れか判断するのが難しければとりあえず
電話して相談してみるのが良いでしょう。

脱毛の打ち漏れのポイント

脱毛後に打ち漏れか判断するのにやってはいけない事があります。
ここを理解しなければ、打ち漏れだと判断されず、
脱毛回数が増えてしまい料金も高くなります。

ムダ毛処理をしない

打ち漏れだと感じたならムダ毛処理をしないで下さい。
ムダ毛を剃ると打ち漏れだと判断できなくなります。
(打ち漏れで電話連絡した際にムダ毛処理してはいけないと言われる)

また、打ち漏れ関係なく脱毛期間中は、毛抜きやブラジリアンワックスで毛を抜くのもNGです。

脱毛はお肌の表面に出ている毛か毛穴に毛が埋まっていないと
脱毛効果はありません。

打ち漏れでなくても脱毛効果がないと意味はありませんから、
脱毛期間中は電気シェーバーで軽く処理するくらいにして下さい。

日焼けしてはいけない

打ち漏れが起きて再照射するにしてもお肌が日焼けしていれば
火傷の可能性があるため脱毛出来ません。

もちろん打ち漏れでなくても脱毛期間中は日焼け出来ないので、
真夏に外出する際は、しっかりと紫外線カットして下さい。

ただ、今は多少日焼けしても照射できる蓄熱式の医療レーザー脱毛機もありますから、
クリニックによってはそこまで日焼けを気にしないで良い場合もあります。
それでも海でガンガン焼いてしまうと脱毛出来ないので、
外出する際はUVカットをした方が良いでしょう。

事前に打ち漏れの対応を確認する

先ほども紹介しましたが、打ち漏れの際の対処はクリニックによってまちまちです。
2週間~3週間以内ならほとんどのクリニックは再照射は無料ですが、
そうでないクリニックや期間をきっちりと決めているクリニックもあります。

ですので、無料カウンセリングの時にしっかりと確認して下さい。
ここを曖昧にしてしまうと脱毛回数が増えてしまい余計に料金が高くなる可能性があります。

脱毛後の打ち漏れのまとめ

打ち漏れのまとめ
大前提として打ち漏れは必ず起きるわけではありません。
あくまでも可能性があるだけです。

ただ、万が一打ち漏れが起きた時の対処法を理解しておけば
こちらが損をすることはありません。

ここでは打ち漏れの判断の仕方を紹介しましたが、
注意しなければいけないのは、
打ち漏れかもと思ったら、ムダ毛処理をしないで
クリニックに必ず電話する事です。

また、事前に打ち漏れの際の対応について確認して下さい。

ここをしっかりとしていれば、
打ち漏れは特に心配することはありません。