IPL脱毛

家庭用脱毛器や脱毛サロンで良く使われるのがIPLという光を使った脱毛です。
このIPLは脱毛だけではなく、美容外科ではお肌の治療にも使われていますが、
その多くは脱毛として使われています。

現在様々な種類の光や脱毛法はありますが、
家庭用脱毛器や脱毛サロンではIPL脱毛が主流です。

そこで、IPL脱毛の仕組みや効果、脱毛回数やメリット・デメリットなどを紹介していきます。
家庭用脱毛器や脱毛サロンで脱毛する場合、IPL脱毛をする可能性がありますので、
是非参考にして下さい。

IPL脱毛の仕組みは?

ショット式
IPL(インテンス(I)パルス(P)ライト(L))脱毛は、
黒いメラニン色素に光が反応することで熱エネルギーに変換され、
毛乳頭にダメージを与える事で毛を生えなくする仕組みです。

従来の医療レーザー脱毛と脱毛する仕組みは同じですが、
光の種類(波長)が異なるため特徴が違います。

医療レーザー脱毛はレーザーが無駄なく直線的に毛乳頭に届き、
痛みはありますが高い脱毛効果を発揮します。

一方、IPLは光が拡散するので、
全てのエネルギーが毛乳頭に効率よく届きません。

ただ、その分お肌へのダメージが少ない、
1度の照射で広範囲脱毛出来るメリットがあります。

もっとわかりやすく言うと、
医療レーザー脱毛の出力を下げたのがIPL脱毛だという事です。

家庭用脱毛器や脱毛サロンでは高い出力を出すことができないため、
医療機器であるレーザー脱毛を使う事は出来ません。
ただ、それでも回数を増やす事で綺麗に脱毛出来ますし、
手軽に脱毛できるメリットもあります。

他の脱毛法との違い

家庭用脱毛器や脱毛サロンで使われる別の脱毛法のスペックと比較します。

IPL脱毛 SHR脱毛 ハイパースキン脱毛 SSC脱毛
照射場所 毛乳頭 バルジ領域 毛根幹細胞
(バルジ領域)
毛乳頭
剛毛 強い 弱い 弱い 弱い
産毛 弱い 強い 強い 普通
脱毛回数 少ない 多い 多い 多い
痛み 普通 ない ない ない
美肌効果 高い 高い 高い 高い
白髪・金髪 脱毛出来ない 脱毛できる 脱毛できる 脱毛出来ない
色黒肌 照射出来ない 照射出来る 照射出来る 照射出来ない

家庭用脱毛器や脱毛サロンで脱毛しても脱毛法によって特徴が異なります。
どの方法が一番良いのかは、その人の毛質や肌質によるので、
一概には言えません。

IPL脱毛は他の脱毛法よりも脱毛効果が高く、
少ない回数で脱毛を終わらせられますが、
産毛には効果が少し弱く、お肌への負担が他の脱毛法に比べれば高いです。

ただ、お肌への負担があるといってもあくまでも家庭用脱毛器や脱毛サロンなので、
大した負担ではありますし、そこまで大きく違いません。

自分にとってどの脱毛が良いのか上記の表をしっかりと見てから決めて下さい。

IPL脱毛の脱毛回数

毛の種類 効果を実感するまでの回数 自己処理がほぼ不要な回数 脱毛完了までの回数
無性毛 2~4回 12~15回 16~18回
性毛 4~7回 15~18回 20~24回

脱毛回数は個人差があり、部位によっても異なります。
絶対にこのくらいの回数という事は言えません。

また、家庭用脱毛器や脱毛サロンは高い出力を出せないので
効果が不安定な側面もあります。
少ない回数や効果をすぐに実感する人もいれば、
回数を増やしても思うように効果を感じない人もいます。

しかし、絶対と言うことは言えなくても、
上記の回数は目安にはなります。

一方、少なすぎる回数で紹介しているサイトは疑った方が良いと思います。
それは高い広告費を貰っているために話を盛っている可能性が高いからです。

家庭用脱毛器にしろ脱毛サロンにしろ医療脱毛でない脱毛は、
思っている以上に回数が多くなると思って下さい。

IPL脱毛は永久脱毛できない?

永久脱毛出来ない
脱毛回数で理解しなければいけないのは、
IPL脱毛に限らず、家庭用脱毛器や脱毛サロンでは
永久脱毛する事は出来ないという事です。

永久脱毛はあくまでも医療行為なので、
クリニックなどの医療機関でしかおこなえないと
法律に明記されています。

永久脱毛を業として行った場合は、医師法第17条の医業に該当し、医師以外の者が行えば医師法違反となる

ですので、IPL脱毛で脱毛完了しても
いずれ毛が生えてくるようになります。

それは1年以内かもしれませんし、3年くらいかも知れません。
また、生えてくる毛も元のような状態になる人もいれば、
産毛程度しか生えない人もいます。

中には永久脱毛に近い効果があると紹介しているサイトもありますが、
明らかに誇大宣伝なので気を付けて下さい。

先ほどもお話したように家庭用脱毛器や脱毛サロンは出力が低いため効果が不安定なので
個人差がどうしても出てしまいます。

しかし、回数を増やせば十分に綺麗にすることは可能です。

IPL脱毛のメリット

メリット
ここでいうIPL脱毛のメリットとはあくまでも
家庭用脱毛器や脱毛サロンで行う他の脱毛法と比べてという事です。

医療脱毛は少し異なるので、
家庭用脱毛器や脱毛サロンでどのような脱毛法が良いのか見当している人は参考にして下さい。

脱毛効果が高い

脱毛効果
様々ある脱毛法で最も効果が高いのがIPL脱毛です。
特に剛毛には高い効果があり、
他の脱毛法よりも少ない回数で脱毛を完了出来ます。

もし最も脱毛回数が必要なVIOやヒゲのような性毛を家庭用脱毛器や脱毛サロンで
行うならIPL脱毛が最もおすすめです。

効果を感じるのが早く少ない回数で脱毛出来ます。

美肌効果が特に高い

美肌効果
IPL脱毛は美容外科ではニキビ跡、シワ、くすみなどの肌トラブル治療としても使うため
美肌効果が特に高いのが特徴です。

実際に家庭用脱毛器ではフォトフェイシャルとして使える物が多く、
脱毛としてはもちろん、美観器としても使う人も沢山います。

通常の美顔器だとイオン導入や超音波などあくまでもスキンケアとしてだけですが、
IPLは直接の効果を求めて使う事が可能です。

IPL脱毛の美肌効果

  • 毛穴の引き締め
  • 美白効果
  • ニキビ跡改善
  • シムやくするみを薄くする

照射面積が広い

IPL脱毛は家庭用脱毛器でも脱毛サロンでも照射面積が広く、
少ないショット数と短時間で脱毛を終わらせる事が可能です。

どのような脱毛器を使うかにもよりますが、
片脇なら、5ショット以内で1分もあれば脱毛出来てしまいます。

また、照射面積が広い事でうち漏れが少なくなり、
脱毛完了後に部分的に毛が生えるという事も防げます。

効果の実績がある

現在様々な脱毛法が出てきていますが、
どれも新しい脱毛法のため効果に対して実証の少ないのが現状です。

特に家庭用脱毛器や脱毛サロンでは出力が低く、
本当に効果があるのか微妙な点があります。

実際に効果があると良いことを謡っていても、
その裏では効果がなかったという人も沢山います。

一概には言えませんが、家庭用脱毛器や脱毛サロンなら、
IPL脱毛が最も確実に効果が出る方法です。

IPL脱毛のデメリット

デメリット
家庭用脱毛器や脱毛サロンではIPL脱毛は最もおすすめですが、
それでもデメリットがあるので、IPL脱毛を検討されている人は特に参考にして下さい。

脱毛器によって効果がバラバラ

効果が不安定
実はあまり知られていませんが、
IPL脱毛は波長の長さが機種によって異なり、
効果にもばらつきがあります。

脱毛サロンのように業務用ならそこまで大差はありませんが、
家庭用脱毛器は安くて出力が低い物も多く、
効果を感じられない人もいます。

具体的に言うと一時的に効果を感じられても
すぐに脱毛する前の状態に戻ってしまうという事です。
そのため、家庭用脱毛器でIPL脱毛する人は
高性能の脱毛器を購入する必要があります。

IPL脱毛は多くの製品が出回っているので、
品質にばらつきがあるのがデメリットです。

産毛への効果は弱い

IPL脱毛は剛毛や普通の毛には効果が高い反面、
産毛への効果が弱いのが特徴です。

IPL脱毛は黒い色素に反応するため、
産毛のように色素が薄いといまいち光が反応しません。

ただ、良いIPLの脱毛器を使えば、
それなりには効果があります。

色黒肌や日焼け肌には照射出来ない

IPL脱毛は黒い色素に反応しますが、
それが毛なのかお肌なのか判断することは出来ません。

そのため、お肌の色が黒いと
毛細細胞ではなく、お肌表面に熱を与えてしまい、
火傷してしまう可能性があります。

もちろん、ほくろやタトゥーなども照射出来ません。

自黒肌や多少の日焼けなら問題なく脱毛出来ますので、
脱毛期間中は過度の日焼けはしないで下さい。

少し痛みがある

IPL脱毛は他の脱毛法より出力や効果が高いため、
多少痛みを感じる人もいます。

腕や足などの無性毛は問題ありませんが、
VIOのような性毛は多少なりとも刺激はあります。

しかし、家庭用脱毛器や脱毛サロンは医療脱毛と違い
出力が限られ、そこまでお肌へのダメージはありませんから、
痛くて照射できないということはありません。

あくまでも他の脱毛法に比べ少しだけで刺激があるという事です。

白髪や金髪には脱毛効果はない

何度もお話しているようにIPL脱毛は黒い色素にしか反応しないため、
白髪や金髪への脱毛効果はありません。

白髪や金髪を脱毛したいなら、
ハイパースキン脱毛やSHR脱毛が必要です。

ただ、それらの脱毛も白髪や金髪をしっかりと脱毛するのは難しいので、
医療脱毛するのがおすすめです。

IPL脱毛できるおすすめのサロン

脱毛するならしっかりと効果が出て、少ない回数で脱毛を終わらせたいとこです。
そのためにはIPL脱毛は良いので、IPL脱毛を導入しているおすすめのサロンを紹介します。

キレイモ

キレイモ

脱毛種類 IPL脱毛
全身脱毛回数無制限 324,075円
脱毛期間 3年~5年
ポイント 返金システムあり、明瞭会計など
支払方法 現金一括・カード・ローン
場所 全国70店舗

全身脱毛でIPL脱毛するならキレイモがおすすめです。
キレイモは全国に店舗が多く、回数無制限の料金が最も安いサロンの一つです。

IPL脱毛を導入していてしっかりと効果が出ますし、
アフタケアの保湿ジェルも無料で使う事が可能です。

また、しつこいセールスもないので、
特別デメリットと言える事もありません。

キレイモーの詳しい詳細

銀座カラー

銀座カラー

脱毛種類 IPL脱毛
全身脱毛回数無制限 389,000円
脱毛期間 3年~5年
ポイント 勧誘なし、追加料金なし、明瞭会計など
支払方法 現金一括・カード・ローン
場所 全国52店舗

銀座カラーもどちらかと言えば全身脱毛がおすすめです。
回数無制限プランがあることで、確実に脱毛を終わらせる事が出来ますし、
人気の脱毛サロンでありながら、比較的予約が取りやすいのもメリットです。

もちろん、勧誘もありませんし、高額な請求をされることもありません。

IPL脱毛をするならキレイモと銀座カラーは、
かなりおすすめです。

銀座カラーの詳しい詳細

IPL脱毛できるおすすめの家庭用脱毛器

光脱毛やフラッシュ脱毛と言われている
ほとんどの家庭用脱毛器はIPL脱毛です。

つまり、家庭用脱毛器でIPL脱毛したいなら、
良い家庭用脱毛器を選ぶという事に繋がります。

家庭用脱毛器のIPL脱毛は性能がピンからキリなので、
家庭用脱毛器を選ぶ際は慎重にならなけれいけません。

ケノン

ケノン

脱毛方法 フラッシュ式 照射面積 9.25平方cm
レベル調整 10段階 カートリッジ 最大300万発(交換可能)
1ショットコスト 0.0098円 使用可能部位 全身
価格 69,800円 保証期間 3年

自宅で脱毛するならケノンを使っておけば間違いないと言えるほど、
ケノンは家庭用脱毛器の王様です。

脱毛効果はサロンと同じかレベルを自由に設定できる分、
サロンよりも高い可能性があります。

その上、脱毛期間はサロン何度でも全身脱毛出来るのでコスパが良いです。

ケノンの詳しい詳細

IPL脱毛のまとめ

IPL脱毛は、家庭用や脱毛サロンでは最もおすすめの脱毛法です。
デメリットもありますが、家庭用脱毛器や脱毛サロンで
最も必要とされる脱毛効果への実績が高いので、
一部の例外な人を除き最もおすすめできる脱毛です。

IPL脱毛するなら自宅でもサロンでも良いのですが、
安く早く脱毛を終わらせたいなら家庭用脱毛器で、
料金が高くなり、期間も長くなりますが、
背中のように自分で手の届かいところまで綺麗に脱毛したいならサロンがおすすめです。